<< 5月14日(木曜)から20日(水曜)はギャンブル等依存症問題啓発週間 | main | 本日の的中結果 南関 >>

フォーティナイナーが35歳で死亡

JUGEMテーマ:競馬

 

静内種馬場で功労馬としてけい養されていたフォーティナイナー

(父ミスタープロスペクター、母ファイル)が5月18日、

老衰のため死んだ。35歳だった。

 

 現役時代は米国で2歳時にG1・2勝を含む6戦5勝の成績を

残し、2歳牡馬チャンピオンに選出された。3歳時にもG1・2勝

を挙げ、通算19戦11勝。引退後は米国で供用され、1996年

に北米リーディングサイアーに輝いた。同年に日本に輸入され、

静内種馬場で供用を開始。2007年で引退し、功労馬として

余生を送っていた。

 

 国内の代表産駒は2004年にJBCスプリントを制した

マイネルセレクト、地方ダートG1で4勝を挙げ、ドバイ遠征で

ゴドルフィンマイル・G2を制したユートピアなど。母の父としては

、皐月賞馬エポカドーロを出した。

 

 静内種馬場の場長は日本軽種馬協会を通じて、「5月11日に35

回目の誕生日を迎え、多くのファンにお祝いのメッセージをいただいた

ところでしたが、突然の別れとなり誠に残念です。このような世界的

名馬を日本に導入し、そして管理することができたことに感謝しています。

種牡馬の管理の難しさ、厳しさ、そして楽しさを教えてくれた種牡馬でした。

これまでありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします」

とコメントした。

 

at 17:28, 馬頭観音, JRA

-, -, - -