<< 7/05 川崎競馬 | main | 7/06 JRA >>

JRA薬物騒動の原因は「カカオ」 除外馬156頭には3着相当の賞金補償

JUGEMテーマ:競馬

 

JRAは5日、都内と大阪市内で会見を開き、飼料添加物

「グリーンカル」に禁止薬物テオブロミンを含むことが判明し、

6月15、16日のJRA出走馬156頭が競走除外となった件

について、調査結果を改善策を発表した。

販売元の日本農産興業(株)、小売店のJRAファシリティーズ(株)、

検査機関の(公財)競走馬理化学研究所から聞き取りを行い、グリーンカル

の原材料アルファルファミールの製造ラインと同じ建物内にある別の製造

ラインでカカオ豆副産物が粉砕されており、その粉じんが混入して、

テオブロミンが検出されたことが明らかになった。

なお、除外された156頭の騎手、調教師、馬主など関係者には、条件等に

応じて一定額の交付金(出走レース3着賞金相当+出走手当)が、JRA

から支給されることも発表された。

 


 

at 16:09, 馬頭観音, JRA

-, -, - -